純正ケース使用の互換タイプ(エレメントタイプ)

車のエンジンの用いられているエアクリーナーは、車への細かな埃や塵の進入を防ぐ為の必需品です。純正品でも、その性能と価格面から満足できますが、さらなる高性能化を図った、社外品も存在します。メーカー純正品は乾式タイプを採用していますが、社外品のエレメントタイプのエアクリーナーには、乾式タイプの他に湿式タイプも存在します。共に、純正タイプよりも吸入抵抗の削減を果たしています。価格面では、純正品と比較すると、やはり高価ですが、湿式タイプは、洗浄して再利用可能といったメリットが存在します。汚れが目立ってきたら、専用の洗浄液にて洗浄を行い、完全に乾燥させたあとに、専用の油を塗布して再装着します。その油が、さらなる埃、塵の進入をブロックしてくれます。純正ケースをそのまま流用できる互換タイプなので、装着方法も全く同じで、勿論、車検も問題なく通ります。エアクリーナーのメンテナンスは、オイル交換等よりも注目はされていませんが、目詰まりを起こした状態では、エンジンにとってかなりの吸入抵抗となってしまいます。その性能を常に発揮できる状態に保つことで、車の性能も想定通りとなり、その効果で、省エネにも繋がります。

Comments are closed.