スポンジ(ウレタンフォーム)タイプ

ガソリンを燃焼するためには空気が必要ですが、その空気をエンジン内部に取り込む際に、ゴミや埃が混入しないようにエアクリーナーを間に挟んでそれらを除去します。エアクリーナに使用されるフィルターには乾式、ビスカス式、そして湿式などいくつかの種類があります。乾式はフィルターにろ紙を使用し、ビスカス式は、ろ紙にオイルなどをしみこませて吸着力を高めています。また、湿式にはオイルなどをしみこませたスポンジ(ウレタンフォーム)が使用されています。面積が小さくても十分な能力を発揮するために、スペースの少ない原付バイクのフィルターとして使用されたり、空気を取り込む際の抵抗を少なくしたいスポーツカーなどで使用されることが多いです。

手入れに関しては、乾式やビスカス式フィルターは汚れてきたら新しいものに交換しなければなりませんが、湿式の場合はウレタンを清掃することで何度でも使用することができます。清掃の方法は水ではなく、灯油などを使って行い、清掃後は再びオイルをしみこませて使います。この作業が手間に感じる方は、新しいものに買い替えるか、乾式のフィルターを使用するほうが良いかもしれません。エアクリーナーは専門店やホームセンターなどでも購入が可能です。

Comments are closed.