むき出しタイプ

自動車は、エンジンの動力とその力を伝える駆動系により走行することが出来ます。最近の自動車ユーザーは、その仕組みを良く理解できていない人が多いみたいですね。
モータースポーツが好きな人は、自動車の仕組みについて良くご存じの人も多く、愛車をパワーアップさせるためのカスタムを行っていることでしょう。
スポーツカーだけでなく、どんな自動車も手を加えてカスタマイズすると本来のパワーよりも高出力のパワーを得ることが出来ます。手軽に出来るパワーアップから本格的なものまでその方法は多様にあります。
手軽に出来るパワーアップ方法は、吸気系と排気系のチューンです。排気系は、純正マフラーを社外品などのマフラーに交換する方法です。これは、社外品等のマフラーは排気抵抗を減らした設計となっているために排気効率が向上して、パワーアップを図るものです。
同様に吸気系は、空気の吸気量を増やすことによるパワーアップ方法です。純正のエアークリーナーはボックスに入っていて吸気効率が良くありません。それをむき出しタイプのキノコ型エアークリーナーに替えることにより吸気抵抗を減らして、吸気量を向上させる事が出来るのです。キノコ型は、多方面からの空気を吸気する事ができるため、空気量を増やすことが出来ます。吸入する空気の量を増やすことにより、手軽にパワーアップを図る事が出来ます。

Comments are closed.