不織布のルーバータイプ

不織布のルーバータイプはスポンジタイプよりも空気を吸い込む抵抗やろ過などのバランスがとれていて、フィルター材となっている布が薄いために空気の流れをあまり阻害しないので流速が落ちにくいというメリットがあります。ルーバーはジャバラ折りのことで、表面積が広くなって吸入するための圧力に対する強度も確保されやすいという特徴があります。またこの素材をさらに補強するために金属メッシュなどを施しているものあり、従来のものに比べると強度が強くなるというメリットがあります。
このようなタイプは乾式と呼ばれていて、このほかにはオイルなどを染み込ませたビスカス式があります。一般的には乾式のほうが空気の流れがよく低抵抗性能として優れているとされていますが、防塵性能や耐水性などを重視する場合にはビスカス式のほうが優れています。エアクリーナーというのはエンジンやエアコンの吸気部分に装着されているエアフィルタやエアフィルタを収めている装置ですが、自動車に関してはエンジンの吸気用のものがエアエレメント、エアコンの吸気用のものがクリーンエアフィルタと呼び分けられていて、どちらの場合も大気中に含まれる粉塵などを分離することによって、きれいな空気を供給するという目的のために使用されます。

Comments are closed.