排気洗浄作用

自動車はガソリンなどを燃料として走行させるものなので、燃料が燃焼する際に発生させてしまう排気については、広い意味でマフラーと呼ばれている部分で適切に処理されることになります。特にマフラーの出口から排出される排気ガスには、一定の基準値が設けられており、適合しない場合では、自動車を運転させることができない決まりになっています。マフラーに関しては、いくつものパーツで構成されているものですが、その中でもエンジンに近い位置に設置されているものがエキゾーストマニホールドになります。
このパーツはエンジンに設置されている各シリンダーから排出される排気ガスを最初に流し込むためのパーツになり、一般的な自動車の場合では、独特な曲線を描いている形状を持っています。ある程度の長さを持っていることが求められているパーツとしても知られており、センターパイプへと流れる仕組みに仕上げられています。
エキゾーストマニホールドの役割としては、排気ガスを一つの管にまとめることが求められているものですが、同時に排気ガスによる騒音などを吸収する役割も果たしていて、排気洗浄作用も持っている優れたパーツになります。非常に高温の状態になるパーツですが、温度に耐えることのできる素材で作られているもので、比較的劣化に強い一面を持っています。

Comments are closed.