Archive for the ‘未分類’ Category

不織布のルーバータイプ

不織布のルーバータイプはスポンジタイプよりも空気を吸い込む抵抗やろ過などのバランスがとれていて、フィルター材となっている布が薄いために空気の流れをあまり阻害しないので流速が落ちにくいというメリットがあります。ルーバーはジャバラ折りのことで、表面積が広くなって吸入するための圧力に対する強度も確保されやすいという特徴があります。またこの素材をさらに補強するために金属メッシュなどを施しているものあり、従来のものに比べると強度が強くなるというメリットがあります。
このようなタイプは乾式と呼ばれていて、このほかにはオイルなどを染み込ませたビスカス式があります。一般的には乾式のほうが空気の流れがよく低抵抗性能として優れているとされていますが、防塵性能や耐水性などを重視する場合にはビスカス式のほうが優れています。エアクリーナーというのはエンジンやエアコンの吸気部分に装着されているエアフィルタやエアフィルタを収めている装置ですが、自動車に関してはエンジンの吸気用のものがエアエレメント、エアコンの吸気用のものがクリーンエアフィルタと呼び分けられていて、どちらの場合も大気中に含まれる粉塵などを分離することによって、きれいな空気を供給するという目的のために使用されます。

スポンジ(ウレタンフォーム)タイプ

ガソリンを燃焼するためには空気が必要ですが、その空気をエンジン内部に取り込む際に、ゴミや埃が混入しないようにエアクリーナーを間に挟んでそれらを除去します。エアクリーナに使用されるフィルターには乾式、ビスカス式、そして湿式などいくつかの種類があります。乾式はフィルターにろ紙を使用し、ビスカス式は、ろ紙にオイルなどをしみこませて吸着力を高めています。また、湿式にはオイルなどをしみこませたスポンジ(ウレタンフォーム)が使用されています。面積が小さくても十分な能力を発揮するために、スペースの少ない原付バイクのフィルターとして使用されたり、空気を取り込む際の抵抗を少なくしたいスポーツカーなどで使用されることが多いです。

手入れに関しては、乾式やビスカス式フィルターは汚れてきたら新しいものに交換しなければなりませんが、湿式の場合はウレタンを清掃することで何度でも使用することができます。清掃の方法は水ではなく、灯油などを使って行い、清掃後は再びオイルをしみこませて使います。この作業が手間に感じる方は、新しいものに買い替えるか、乾式のフィルターを使用するほうが良いかもしれません。エアクリーナーは専門店やホームセンターなどでも購入が可能です。

エアクリーナーのフィルター材(濾過材)による違い

エアクリーナーエレメントは、エンジンに吸い込む空気のごみや粉じんをろ過するものです。
フィルターによってろ過をしますが、次第に汚れてくるので、定期的に交換しなければなりません。そのまま乗り続けると、エンジン性能が落ち、燃費が悪化します。ところで、フィルターにはいくつかの種類があります。最も基本的なものは乾式と呼ばれるもので、ろ紙を折りたたんで枠の中にはめ込んでいます。二つ目に、フィルター材に専用の薬品やオイルを染み込ませた湿式があります。乾式比べると、粉塵等の吸着力が高いという特徴があります。
そのため、面積を小さくすることができ、大きなフィルターを設置するスペースがない車や、スポーツカーのように、吸気抵抗を低減するために濾過面積を減らしたい場合に効果的です。なお、乾式のろ紙にビスカスオイルを染み込ませたものをビスカス式と言います。三つ目に、ろ紙のかわりにオイル溜りとしたオイルバス式という方式もあり、埃や粉じんの多い建設機械などで採用されています。さらに、掃除機のようにサイクロン式と呼ばれる遠心分離によって、空気と埃を分ける方式もあります。このサイクロン式は長持ちするという特徴があります。基本的には純正のものを使うのが良いとされていますが、より高性能なものに交換する人も少なくありません。

むき出しタイプ

自動車は、エンジンの動力とその力を伝える駆動系により走行することが出来ます。最近の自動車ユーザーは、その仕組みを良く理解できていない人が多いみたいですね。
モータースポーツが好きな人は、自動車の仕組みについて良くご存じの人も多く、愛車をパワーアップさせるためのカスタムを行っていることでしょう。
スポーツカーだけでなく、どんな自動車も手を加えてカスタマイズすると本来のパワーよりも高出力のパワーを得ることが出来ます。手軽に出来るパワーアップから本格的なものまでその方法は多様にあります。
手軽に出来るパワーアップ方法は、吸気系と排気系のチューンです。排気系は、純正マフラーを社外品などのマフラーに交換する方法です。これは、社外品等のマフラーは排気抵抗を減らした設計となっているために排気効率が向上して、パワーアップを図るものです。
同様に吸気系は、空気の吸気量を増やすことによるパワーアップ方法です。純正のエアークリーナーはボックスに入っていて吸気効率が良くありません。それをむき出しタイプのキノコ型エアークリーナーに替えることにより吸気抵抗を減らして、吸気量を向上させる事が出来るのです。キノコ型は、多方面からの空気を吸気する事ができるため、空気量を増やすことが出来ます。吸入する空気の量を増やすことにより、手軽にパワーアップを図る事が出来ます。

純正ケース使用の互換タイプ(エレメントタイプ)

車のエンジンの用いられているエアクリーナーは、車への細かな埃や塵の進入を防ぐ為の必需品です。純正品でも、その性能と価格面から満足できますが、さらなる高性能化を図った、社外品も存在します。メーカー純正品は乾式タイプを採用していますが、社外品のエレメントタイプのエアクリーナーには、乾式タイプの他に湿式タイプも存在します。共に、純正タイプよりも吸入抵抗の削減を果たしています。価格面では、純正品と比較すると、やはり高価ですが、湿式タイプは、洗浄して再利用可能といったメリットが存在します。汚れが目立ってきたら、専用の洗浄液にて洗浄を行い、完全に乾燥させたあとに、専用の油を塗布して再装着します。その油が、さらなる埃、塵の進入をブロックしてくれます。純正ケースをそのまま流用できる互換タイプなので、装着方法も全く同じで、勿論、車検も問題なく通ります。エアクリーナーのメンテナンスは、オイル交換等よりも注目はされていませんが、目詰まりを起こした状態では、エンジンにとってかなりの吸入抵抗となってしまいます。その性能を常に発揮できる状態に保つことで、車の性能も想定通りとなり、その効果で、省エネにも繋がります。

エアクリーナーの種類

エアコンや空気清浄機にはフィルターが付いていて、定期的に交換したり、掃除したりすることで、いつもきれいな空気中のゴミや埃を除去するようになっていますが、車にもフィルターがついたエアクリーナーと呼ばれる装置がついています。これはエンジンを燃焼させるときに必要な空気の中に含まれるゴミや埃を取り除くためです。フィルターは大きく三つの種類に分けることができます。

一つ目は乾式と呼ばれるタイプで、フィルターがろ紙でできています。空気清浄機のフィルターと似ています。時々中をのぞいてみると、虫が死んで詰まっていたりするので、取り除いてあげると良いでしょう。交換時期が来たら、新品に交換します。二つ目は、湿式と呼ばれるタイプで、フィルターがスポンジのような素材のものでできています。そして、このフィルターにオイル等が染み込ませられているのが特徴です。オイルで湿らすことで、埃やゴミが吸い付きやすくしているわけです湿式のメリットは面積を小さくても埃やゴミを取り除くことができることです。汚れてきたら灯油の中にフィルターを入れ揉み洗いすることで、繰り返し使用することができます。 そして三つ目がビスカス式と呼ばれるタイプで、ろ紙にオイル等を染み込ませています。乾式に比べると、寿命が長く、空気の清浄効果が高いのが魅力です。このように様々な種類のフィルターがあるので、純正品と交換して手軽に車の性能アップを図ることができます。

可変排気システム

エキゾーストマニホールドは多気筒の内燃機関であるレシプロエンジンやバンケルロータリーエンジンなどにおいて複数の気筒からの排気をまとめて排気管に渡すための部品のことで、鋳鉄やステンレス鋼などで作られています。可変排気システムとは排気効率や新しい空気を充填するための効率を向上させることを目的としてエンジンの排気経路に付加される装置のことで、排気経路の途中に設置されているバルブを開閉することなどによって、複数ある排気管を切り替えたり、集合方式を切り替えることによって、排気効率や充填効率を向上させます。このシステムは排気ガスが音速を超えるスピードで熱と圧力をエンジン内部から外へと排出していて、このエネルギーを利用することによって装置が稼動しています。エキゾーストマニホールドにはこの他にも騒音や振動を抑えるという役割を持っていて、この部分を極端に短くすることによって、排気するための圧力が高まっている状態で別のシリンダーが排気を始めてしまうことになり、排気の流れが悪くなることがあります。これを防ぐためにはできるだけエキゾーストマニホールド部分を長くするなどの工夫が必要となります。自動車用の量産エンジンの場合には軽量化などのために早期の温度上昇と温度管理のメリットがあるステンレス鋼管の加工品が使用されています。

排気洗浄作用

自動車はガソリンなどを燃料として走行させるものなので、燃料が燃焼する際に発生させてしまう排気については、広い意味でマフラーと呼ばれている部分で適切に処理されることになります。特にマフラーの出口から排出される排気ガスには、一定の基準値が設けられており、適合しない場合では、自動車を運転させることができない決まりになっています。マフラーに関しては、いくつものパーツで構成されているものですが、その中でもエンジンに近い位置に設置されているものがエキゾーストマニホールドになります。
このパーツはエンジンに設置されている各シリンダーから排出される排気ガスを最初に流し込むためのパーツになり、一般的な自動車の場合では、独特な曲線を描いている形状を持っています。ある程度の長さを持っていることが求められているパーツとしても知られており、センターパイプへと流れる仕組みに仕上げられています。
エキゾーストマニホールドの役割としては、排気ガスを一つの管にまとめることが求められているものですが、同時に排気ガスによる騒音などを吸収する役割も果たしていて、排気洗浄作用も持っている優れたパーツになります。非常に高温の状態になるパーツですが、温度に耐えることのできる素材で作られているもので、比較的劣化に強い一面を持っています。

エキゾーストマニホールドの役割

エキゾーストマニホールド、通称エキマニは、複数のシリンダーからの排気をまとめてエキゾーストパイプに渡すための部品です。エキマニは排気の収束、マフラーは排気音の低減がその最大の役割ですが、吸入、圧縮、膨張、排気の4つの行程を経て完全な仕事をしたと言えるエンジン及び補機類においては、本来の役割のみならず、収束パターンや内部構造等の違いによってエンジンのトルク特性やパワーバンド、エンジン排気音等に多大な影響を与えることがあります。例えば高性能なエキマニの場合は、排気の流動抵抗を減少させてエンジンの体積効率を減少させることによってより大きな出力を得ることができます。またマフラーの場合は、内部のパイプの長さや太さ、小室の大きさや数を変えること、あるいはよりストレートに排気される様に工夫することによって排気効率に影響を与えます。また機種によっては排気ガスに含まれる有害成分を抑制するものもあります。
またエキマニには騒音や振動を抑える役割がある他、機種によっては排気浄化作用が期待できるものもあります。更に可変排気システムでは、コレクターパイプ内のバタフライバルブが開閉することで低回転から高回転まで安定した排気性能を発揮することが可能となります。